​営業時間短縮の延長のお知らせ

日頃よりご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

 

東京都の営業時間短縮の要請により引き続き4月1日から4月31日まで、

最終入店19時半まで、酒類の提供を20時まで、21時閉店の時短営業とさせていただきます。

新型コロナウイルス感染防止対策のため夜は完全予約制で営業いたします。

 

また、開始時間を17時〜の早めのお時間でもお受けいたしますので

ご予約時にご相談くださいませ。

 

その他最新の情報は湖月のInstagramにて随時更新しておりますので

そちらも併せてご覧いただけましたら幸いでございます。

 

皆様のご理解ご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

2021年3月31日 店主 敬白

湖月は1967年から続く、東京・青山の日本料理の店です。
春は京都の竹の子、夏にはハモや鮎、秋には土瓶蒸し、冬にはかぶら蒸しなど
旬の食材を、熟練の技と心を込めて
滋味あわれ心温まるお料理をお出しするよう心掛けております。

カウンターとお座敷の小さなお店ですが
あたたかくお客様をお迎えいたします。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

※英語での料理説明、サービスもいたします。お気軽にお申し付けください。

 

先代夫婦がここ東京・青山に店を構えたのは1967(昭和42)年。
ルーツをたどるなら、さらに遡ること10余年。
昭和30年代半ばにドイツのハンブルグのアルスター湖湖畔で開いた
日本料理の店が「湖月」のはじまりと聞いています。
今でこそ海外の日本料理店は珍しくありませんが、
当時はまさに先駆けであり、ヨーロッパでは二番目か三番目に
開業した日本料理レストランだったそうです。

店の名である「湖月」は、ゆかりのあるアルスター湖と
先代の出身地・京都に近い琵琶湖、
そして先代主人が好きだった「月」を合わせて「湖月」となりました。

1996年に先代主人が亡くなり、1997年より私が料理長として
先代女将とともに湖月を続けて参りました。
2012年に先代女将の引退に伴い、私が「湖月」の暖簾を引き継がせていただきました。
「湖月」は、おかげさまで皆様に愛されて50余年。
これからもたくさんのお客様へ、心づくしのおもてなしを
お楽しみいただきたく存じます。

私が料理人になろうと思ったのは、高校生のときにラーメン屋で読んだ漫画、名作の呼び名高い『ザ・シェフ』がきっかけです。クールな天才料理人が料理を通じてさまざまな難題に立ち向かうのですが人間味のあるストーリーや主人公がとても魅力的だったのを覚えています。もともと小さいころから、ものづくりに興味があり、何かを作りたい、手や体を使う仕事に就きたいなと思っていたので料理人になることは自然な流れだったのかもしれません。

高校卒業後、大阪の調理師専門学校で学び、調理師免許を取得しました。当時は学校に通いながら、なんばの高級おでん屋でアルバイトに明け暮れる日々。漫画さながらフランス料理の道に進むつもりでしたが、このときのバイト先の料理長に日本料理の素晴らしさを説かれたことが、私の人生の大きな岐路だったように思います。

最初の修業先は、日本料理の最高峰「吉兆」です。東京の本店といわれる銀座店は、料理の技はもちろん、器、食材選び、いらっしゃるお客様もそうそうたるものでした。駆け出し当初の仕事は、文字どおり修行そのもの。早朝の掃除にはじまり、言いつけられる仕事に追われ1日の終わりが来ないような…、とても厳しいものでした。
やがて異動となった「正月屋吉兆」では環境が一変。百貨店内の店舗だけあり、お客様の入れ替わりも目まぐるしく、それだけに活気があり、若い私にはとても刺激的でした。吉兆で学んだ「最高」を見極める目と技、接客の妙こそ現在の私の基盤を作ってくれていると思います。

もう一つの転機は、趣味の海外旅行です。ひょんなきっかけから25歳のときに青年海外協力隊の日本料理講師としてシリアに派遣されたことです。文化、歴史、宗教、民族、気候など日本にいては決して触れられない土地の空気を肌で感じることで、異国の地から日本をあらためて見つめる機会を与えられました。

離れたからこそ実感できた日本文化のすばらしさ。いま、海外の方からも注目される日本の伝統、日本のおもてなしを料理を通じて少しでも多くの方に伝えることができればと思っています。

​佐藤 重行

1987年

埼玉県立越ケ谷高校卒業

1988年

大阪あべの辻調理師専門学校卒業

1988年

東京吉兆 入社

1994年

東京吉兆 退社

1995年

1987年

青年海外協力隊に参加。
シリアに日本料理講師として赴任

1997年

任期満了で帰国、湖月に入社

2012年

先代女将の引退にともない暖簾を受け継ぐ。
現在に至る。

 

⚫︎親子丼ランチセット      1,650円

(地鶏・玉ねぎ・鳳凰卵)

⚫︎鶏そぼろ丼ランチセット    1,650円

(地鶏のそぼろ・鳳凰卵の炒り卵・雑魚炒め)

⚫︎その他季節限定ランチセット 1,870円〜

​(生いくら、白子、あん肝などを使用)

⚫︎もずく酢            220円

⚫︎果物のゼリー寄せ        330円

​※セットには全てお味噌汁・香の物・ご飯おかわり無料付き

※冬期限定でお味噌汁を粕汁に変更なども出来ます

⚫︎鶏そぼろ丼           900円

⚫︎もずく酢            100円

⚫︎果物のゼリー寄せ        300円

⚫︎その他仕出し弁当(10個〜)3,240円〜

ランチ・お弁当共に不定期の営業でございますので、事前にお電話又はInstagramでの確認をお願いいたします。

​また、お昼の営業は予告なく終了する場合もございますので予めご了承くださいませ。

 前菜盛り合わせ(八寸風)

 お椀もの(はも、アイナメ、若草しんじょう※エンドウ豆を使った若草色のしんじょう など)

 お造り(ハモ、スズキ、たい、白いか、アイナメ、カンパチ、シマアジ、ウニ など)

 強肴(合鴨ロース、ごま豆腐 など)

 焼き物(太刀魚、さわら、シマアジ、えぼ鯛 など)

 御飯 以下からお選びいただけます。

 ・飯蒸し
 ・いくらご飯
 ・もずく雑炊
 ・そうめん

 味噌汁、香の物

 デザート(果物ゼリー寄せ)

 酢の物(稚鮎の南蛮漬け、タコ酢 など)

 煮もの(若竹煮 など)

※控えめ量で満足感のある献立をお楽しみいただけます。

※特別仕立ての逸品コースです。お食事の3日前までにご予約ください。

このこ

このわた

ふなずし

からすみ

もずく

おひたし

ゆば

ぬた

煎り銀杏

ハモ皮きゅうり

蒸しアワビ

さんまの酢の物

合鴨ロース

汁もの
土瓶蒸し レンコン餅

お造り
はも落とし 白いか ひらめ たい しまあじ かんぱち など

焼き物
子持ち鮎 太刀魚 えぼだい かます さわら など

煮物
子芋とにしんの炊き合わせ 賀茂茄子の田楽風
レンコン蒸し(かぶら蒸しのレンコンバージョン)
10月中旬~ 水菜鍋(京薄揚げと壬生菜のお鍋)
10月まで  はも鍋(ハモと松茸のお鍋)要予約 時価

ご飯もの
いい蒸し いくらごはん 雑炊 そうめん(白髪そうめん世界一細い麺)

甘味
季節のゼリー寄せ  冷たいおしるこ

※仕入れ状況により変更することがございますのでご了承くださいませ。

ビール(小瓶) 880円~
 エビス/黒ラベル
 一番搾り
 スーパードライ
 プレミアムモルツ
 オールフリー

 

日本酒
 瀧鯉(生粋) 880円
 満点星 1,210円
 ひこ孫 1,540円
 きじ酒 2,200円

 

焼酎 880円~
 島美人(芋)
 吉兆宝山
 男の蔵
 二階堂吉四六(麦)
 ノマンネコンネ
 黒糖焼酎

梅酒 1,100円
 自家製梅酒
 その他

 

 

ワイン
 白グラス 1,100円~
  ミュスカデ ロワイヤルオイスター
 白・赤 ボトル 4,400円~
 白 ミュスカデ ロワイヤルオイスター シャブリ
 赤 ソーミュールシャンピニー
 スパークリング、ブレディフブリュット
 シャンパン カントナールブリュット

 

 

ソフトドリンク 660円~
 ウーロン茶
 ジンジャーエール
 その他

 

 

ウィスキー 1,100円~

※サービス料は10%でございます。あらかじめご了承下さい。
※お料理は季節や仕入れ状況により異なります。

 

ご予約はお電話にて承っております。

 席数    カウンター8席、お座敷(完全個室)1室

 営業時間  月~土  昼 11:30〜13:30/夜 18:00~22:00 最終入店時間(20時)

 定休日   日曜日・祝日 夏季休業、年末年始休業あり

 住所    〒150-0001 東京渋谷区神宮前5-50-10

 電話    03-3407-3033

 最寄駅   東京メトロ銀座線・半蔵門線【表参道】 B2出口より徒歩5分

※ご予約はお電話にて承ります。コース料理をご希望の際はあらかじめご予約くださいますと幸いです。
※アレルギーや苦手な食材がございましたら、ご予約の際にお申し付けください。
※お子様(12歳未満)のご同伴はお断りさせていただきます。
※ハラル、ビーガンには対応しかねます。ベジタリアンの方は、魚のだしが大丈夫であればご用意できます。
 ご予約の際にお申し付けください。
※当店は全席禁煙でございます。(2020年4月から都の条例により変更致しましたのでご了承くださいませ)
※キャンセルポリシー
 ご予約のキャンセルにつきましては、下記の通りキャンセル料を申し受けます。
 当日一人10,000円、前日5,000円、2日前3,000円
 キャンセルの際は、ご予約の3日前までにご連絡ください。

 
TEL 03-3407-3033 (+81-3-3407-3033)
5-50-10,Jingumae,Shibuya-Ku,Tokyo,150-001(OMOTESANDO Station/G02/C04/Z02 about 5min from EXIT B2)
Copyright(C)KOGETSU.All rights reserved. 無断転載はご遠慮ください。
  • Facebook
  • Instagram